ガスピタンで腹痛と膨満感を解消しています

女です。35です。
私は、若いときに過敏性腸症候群と診断されたことがあります。そのときは、真面目に通院して病院から出ている薬を飲み続けることで、お腹のゴロゴロした症状はかなり改善して楽になっていました。でも、仕事が忙しくなったり、予定が詰まったりすることで、通院をさぼってしまってそのうちに通院しづらくなり、そのまま行きにくくなったことがきっかけで、通院を勝手にやめてしまいました。
真面目に通い続けていれば良かったですが、新しい病院にもいかず、そのまま過ごしています。

極端な下痢や極端な便通をくりかえしています。ガスの膨満感もあります。辛いときはかなり症状が悪くなります。私の場合、過敏性腸症候群でありながら、個人的なお付き合いや個人的な人間関係ではお腹の調子が悪くなることは、ほとんどありません。調子が悪くなるのは決まっていて、大勢の人混みのなかで身動きが取れないときや、渋滞に巻き込まれたときです。あとは、仕事関係で、会議とかそういった場面で急激な腹痛や下痢、逆に便通の異常やガスによる膨満感に悩まされています。

通院中は、もちろん病院の薬だけを飲んでいました。通院中の病院の薬の服用の結果は、かなり良かったです。ガスの膨満感で出る心配もなく、膨満感の症状さえも消えたので、ストレスなく過ごすことができました。
今は、小林製薬のガスピタンを常に持ち歩いています。ガスピタンは、かみ砕いて服用できるので変に思われることがありません。
気が付かれることもありません。もしも、他人にかみ砕いているところを見られて、何か言われても、お菓子を食べていることにすればいいだけの話なので、ばれにくいところも、ガスピタンの良いところです。

改善にかかっている費用は、36錠入りのものを月に一箱から二箱常備しているので、だいたい1300円くらいから2600円、毎月かかっている計算になります。
毎月1箱や2箱消化するわけでもありませんが、使うときは二箱使ってしまいます。
ガスピタンの効果ですが、私はガスピタンとの相性がとても良いようです。
ガスピタンを飲むことで、精神的な安定にもつながっています。膨満感や腹痛に苦しむ頻度が減りました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ