ワキガだと彼女もできない

私がワキガだと気付いたのは22歳の時です。もともと脇が臭うかなということはありましたが、22歳になったころに急にワキガの症状が強くなりました。成長するにつれて臭いがきつくなるというタイプのワキガだったのです。
自覚症状がでるまでは彼女も普通にできていましたし、友達とも普通に遊んでいました。しかし、ワキガの症状が出始めてからは友達が減る一方でした。カラオケなんてもってのほかで、スポーツにも誘われなくなりました。もちろん彼女なんてもっての他で、28歳になる今まで独り身です。
私の場合は、特に汗が群れやすい冬場に臭いがきつくなるので、外回りに行った後で事務所に戻ってもまず脇を洗ってからでないと仕事になりません。最近では彼女ができない焦りといつも臭いに気を遣うのが面倒なので、ワキガに効く薬や食品を見つけては試していますが効果も薄くどうしようもありません。

そんな中で最も効果があったのが脇毛を剃ることでした。臭い自体が抑えられるわけではありませんでしたが、蒸れが抑えられるので少しはマシになったと言えます。
それでも裸になると脇毛がなく、臭ってくるのでやはり解決にはなりません。あれこれと試しているとお金もかかり今年だけでも5万円ほど注ぎ込みましたが効果なし。
ワキガを改善するための努力もお金をかければいいというものでもなく、脇毛が無いためにいろいろな誤解を受けることになっています。
彼女すら作れないワキガな自分が嫌になります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ